スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 映画 >> グレッチェン・モル主演の映画???

グレッチェン・モル主演の映画???

アメリカで2006年4月に公開された、米国の伝説のピンナップガール、ベティ・ペイジの伝記的映画「ベティ・ペイジ」が今年12月に日本公開。
ベティ・ペイジはマリリン・モンローの健康的お色気とは対照的に、ボンデージやSMファッションなどのエロチック路線で活躍。マニアの間ではカリスマとしてあがめられていた。保守派議員の追放運動などで57年に活動を休止し、失そう。映画は謎の多いその半生に迫っている。
マドンナがペイジのファッションをステージ衣装に取り入れているとか、たしかに!!!

その主演女優がグレッチェン・モル

1994年に、グレッチェン・モルはニューヨークのセントラル・パークで彼女の写真を撮ったカメラマン・デイビス・パウエル[6]によって見つけられた。そして、彼女の代表していないポートフォリオを数週間のうちに彼女をW誌のカバーに着陸させて、彼女の「それGirl」と「ベティ・ページ」ルックスの兆候を示した職業的な様子のモノクロ・イメージと入れ替えた。
まもなくその後、彼女は彼女の短いモデル職歴を終えて、舞台のフルタイムに入った。
1998年に、彼女はレオナルド・ダイ・カプリオの反対側にRounders、出演マット・デイモンとウディ・アレンのCelebrityを含むいくつかの顕著な映画に出演した。
彼女がヴァニティーフェア誌のカバーの上でフィーチャーされたとき、彼女も傑出と話題の人のところへ行ったのは1998年にであった。
彼女の映画が爆撃する間彼女のそそられるイメージがアイコンようになったので、彼女の出演は勝利と失敗であった。
雑誌による「90年代のそれGirl」と呼ばれて、彼女の経歴は、宣伝に従って生活しなかった。
彼女が決して働くのを止めなかったけれども、彼女の早い段階の成功は継続されなかった、そして、彼女は2006年にNotorious Bettie Pageで顕著な復帰の前に不作の数年を科せられる可能性があった。
彼女の主役が散発的な間、Molは30以上の主要作品に出演した。
そして、映画がしばしば小規模だったけれども、彼女は何人かの重要なディレクターのために働いた。
彼女の最初の役割は、スパイク・リーの1996の映画(Girl 6)の中にあった。
彼女はこの役割の言った ― 「私はGuidingのためにLightを試聴していた、そして、私は私がスパイク・リー映画(それは小さい部分であった)を得るので満足だった、しかし、突然、私には私の履歴書でスパイク・リーがいた。
私は、もう日の間プレーヤーにオーディションを受けさせなかった。[7]
ニューヨーク映画製作者アベル・フェラーラは、それから彼女に注意した、そして、彼女は彼の映画のうちの2つに出演した、Funeral(1996)、そして、ニュー・ローズ・ホテル(1998)。
彼女には、1998年に現れたドニーBrascoのガールフレンドとしての小さな役割があった。
今ごろは、しかし、彼女は「ガールフレンド」としていつもの役につけられていた。そして、彼女はそれにMusic From Another (1998)号室(ロマンチックコメディー)でジュード・ローの反対側に彼女の役割によって疑問を呈しようとした。
彼女にとって残念なことに、誰もfilm.[8]に気がつかなかった
ウディ・アレン、1999の映画、SweetとLowdownによる彼女の第2の映画のために、彼女は未成年の脇役を演じた、そしてそれは、グリニッジビレッジGazetteは叫んだ、「顕著な」。[9]Sheは2003の映画の中で詐欺の犠牲者を演じた。そして、Heavy Put-Awayがテリー・サザーン物語に基づいた。
2003年に、彼女はロマンチックコメディー(Beginnersのためのプッチーニ)の冒頭部を共有した。そこにおいて、彼女の性格はレスビアンの関係を持つ。
ディレクターがNotorious Bette Pageの資金を出すのに苦労したので、彼女は2年の間メアリー・ハーロンと働いた:
「私は、すこし、私がしばらくそれに耐えるように感じた;
確かに、ハーロンがしたメアリーだが私が本当に感じがするチャンスを得た限りでなく、私はベティについて何かを知っていたので、役割が私のものであった、そして、私がセットの上にいた頃には、私はかなり自信があった。
私は、私がそれのために本当に働くように感じた。[10]
生産の、または、リリースの4つの映画で、2007はほぼ10年の彼女の最も忙しい年のうちの1つであった。
顕著な映画は、彼女の性格(キャサリン・キャスウェル)がジョン・F・ケネディと関係を持つ「Pigsの男の子」を含む;
そして、ユマ族、出演ラッセル・クロウ、9月のリリースのための与えられるべきものへの3:10の再制作。

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム


ミュージック・フロム・アナザー・ルーム
ハピネット・ピクチャーズ
price : ¥4,935
release : 2001/02/25

【商品詳細】

『スターリングラード』で熱演を見せたジュード・ロウ主演の、ファンタジックなラブストーリー。彼の魅力が満載の、ファンにとっては感激の作品だ。 幼いころ、父の友人宅で、偶然出産に立ち会ったダニー。そのとき産まれた女の子アンナといつか結婚するんだと、幼な心に誓った。その後、ロンドンで育ちタイル職人となったダニーは、アメリカを訪れてアンナと再会する。だが彼女にはすでに恋人がいた。 ジュード・ロウが、恋に一途で素朴な青年を演じる。それまでかたくなに生きてきたアンナの心が少しずつ癒され、ダニーに傾いていく心模様が丁寧に描かれている。彼らをとり巻く登場人物のさまざまなエピソードも心温まる。夢と希望に満ちた、ロマンティクな物語。(星乃つづり)

おもしろくて びっくり、、、

ジュードロウがでている。
このコンビはガダカコンビってだけで見たこのDVDしかーし! 
これは今までにないジュードロウの一面が見れた。
 恋というのは隣の部屋から聞こえてくる音楽をなんとなく口づさんでしまい、その音楽が途中で聞こえなくなっても口ずさんでいる そんなものだ
 なんて 名ゼリフから このタイトルになったようです。

 ジュードロウが主役で 5歳の時出産を助けた女の子と再会しますが、彼女にはすでに婚約者が、、、。そこからいかに彼ががんばって、彼女を射止めるか?!までのお話です。
 飽きもこず、ジュードロウのかっこよさにめろめろになれます
 おすすめです

Gretchen Mol Interview: "The 13th Floor"

cjrotor | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:映画
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode